『ドラゴンボール超』等の影響で、最近ドラゴンボール熱が高まってきたので本作を購入しました。
数あるドラゴンボールゲームの中から本作に決めたのは、
2016年3月現在で、PS4にも対応している唯一の作品であるという点が主な動機です。

「トキトキ都」という、ネーミングもデザインも秀逸なオリジナル都市が、いわゆるロビーの役目です。
そこからメインミッション受注(トランクスに話しかける)でストーリーが進行していきますが、
それを無視してストーリー進行とは関係無いサブミッションに興じることもできる。そして、
ミッションはオンでもオフでもプレイできる…と、非常に「狩りゲー」ライクな構成になっています。
ドロップ品収集にもその傾向多々。ただし共闘だけでなく、対人戦・CPU戦もできるというのが良いですね。

メインとなるバトルは、アニメと同じSEがふんだんに使われ、地上を走れるし舞空術で上昇下降すら自在、
ボタン連打するだけで連続攻撃がガンガン繰り出せる。エネルギー弾もホーミングで撃ち放題。
ロックオンのおかげで相手が上下・奥・斜めどこに居ようがお構いなし。簡単操作で、
お手軽にドラゴンボール風の3Dバトルができる〜楽しめることには、素直に感激しました。

投げやガードもあるのですが、最大6キャラが同時に戦うということもあり、結構な頻度で割り込まれます。
格闘ゲームというよりは対戦型アクションゲームと紹介したほうがゲームファンには語弊が無いでしょう。
経験値を溜めてレベルを上げ、ステータスを任意に伸ばしていけるのですがこの点は特に賛否が激しそうです。

また、ストーリーが予想以上に凝った作りだったのも嬉しい点でした。
「オリジナル主人公」をプレイヤーの手で作り、ドラゴンボールの歴史に介入していきます。
トランクスがナビゲーター役であり、草尾氏のボイスがたっぷりと聴けます。

メインミッションには3Dモデルを使ったデモが多数盛り込まれ、新規アニメも多少用意されています。... 続きを読む
(KOKUYUME 村瀬 2016年03月04日) from Amazon Review

この口コミ&評価は参考になりましたか?はい いいえ
140人中、77人の方が「この口コミ&評価が参考になった」と投稿しています。



発売後の評判がいいのを見て思わず購入。
良い点
・自分で作成したキャラクターで物語に介入できる。
悪い方向に改変された歴史をプレイヤーがトランクスの協力要請の元、是正していくというお話。なので極端な世界観の破壊とかが無いので
すんなり入り込める。
・キャラクターカスタマイズの自由度。大元となる素体の選択肢はそこまで多くないものの、DBのテイストをしっかり取り込んだデザイン。
そこに結構な数の衣装(ボディ上・下、手、足、アクセサリ)でのアレンジがあるのに加え、膨大な数の技を付けられるのでかなりのバリエーションが
楽しめるはず。
・憧れのキャラクターに弟子入り。
ゲームを進めるとミスターサタンや人造人間18号等、色々なキャラクターに弟子入りできるようになる。
与えられたメニューをこなすことで信頼度が上がり、技を教えてもらったり出来る。
一緒に戦闘に出た際や、戦闘評価で独自のコメントがもらえるのも地味に嬉しい。
べジータの「貴様それでも俺の弟子か!」的台詞には怒られてるはずなのにニヤニヤしてしまいました。
・戦闘の操作の簡易さ+爽快感
波動拳コマンドなどの複雑なコマンド入力は必要とせず、ボタンの連打と組み合わせでド派手な技が簡単に繰り出せる。
乱舞技でぶっ飛んだ相手の後ろに移動→ふっ飛ばし→さらにラッシュでトドメの地面にドカーンと叩きつけ、アニメさながらの
カッコイイ戦いがお手軽操作で可能。上手にコンボが決まるととても気持ちいい。
複数VS複数の戦いというシチュエーションでも処理落ちなどが無いのはPS4版の恩恵?あちこちで戦いの火花が散りまくり。
CPU悟空のかめはめ波と自分のかめはめ波が同時に敵にクリーンヒットした時には軽く鳥肌立つほど爽快でした。
CPUは強さ自体は控え目ながら相手にスキを作ってくれるので、敵がCPUにビシビシ殴られてるとこにギャリック砲ぶっこんでみたり、
互いに蘇生したり共闘感がまた楽しい。お目当ての技やアイテムを目当てに何度も戦闘に赴くのが苦にならない、妙な中毒性があります。... 続きを読む
(ハシビロコウ 2015年02月19日) from Amazon Review

この口コミ&評価は参考になりましたか?はい いいえ
192人中、87人の方が「この口コミ&評価が参考になった」と投稿しています。