今作は日本語版お子ちゃま向け青汁エディションです。
定価で買う価値はありません。

しかしゲームの内容については星4〜5が妥当です。
それは北米版の高評価を見て頂ければわかるかと思います。

快適な操作性
美しいグラフィック
銃器では無く鈍器をメインにし、ゾンビをぶっ叩く爽快感
スイスイ進めるフリーラン

それを一気に台無しにしたのが、散々言われている規制です。
血の色が緑になるなんて誰が予想したでしょうか?

私は最初、脳内で無理やり「ゾンビおよび感染者は血の色が緑になる」という設定を作り出してなんとか楽しみました。ですが、ゾンビの頭をかち割る度に出てくる緑の血・血・血……。
それがこの素晴らしい没入感を持つゲームを一気に氷点下まで冷めさせるんです。

なんで
なんでこんなに素晴らしいゲームを無理やり自分を納得させて楽しまなければならないだろう

そう感じてからAmazonで北米版をポチり、フリーランでブックオフへ向かいました。
価格は4千円。北米版を買う頭金ぐらいにはなるでしょう。

現在このひどい規制版を受けて、北米版の価格が高騰しております。
決断はお早めに。
私の場合は価格が1万円程度で到着が5月になりそうですが、この素晴らしいゲームのためなら納得できます。

ゲームを中断すると開発者の感謝のコメント映像がたまに出てくるんですが、「あなた達のこんな素晴らしいゲームを、こんなひどい糞ゲーにしてしまってゴメンなさい」と、(私がやったわけではありませんが)心から申し訳ない気持ちになりました。

これがワーナーの自主規制なのかCEROによる規制なのかは判断しかねます。

しかし血とは関係ありませんが、女性の服が破けてほぼ全裸になるゲームや下着を盗撮する下劣なゲームを出しておいて、ゾンビちゃんはしっかりと規制するんです。このゲームより低い年齢設定も普通に流血表現があるのに、18禁のこのゲームはしっかりと規制するんです。... 続きを読む
(タハラ次郎 タハラ 2015年04月18日) from Amazon Review

この口コミ&評価は参考になりましたか?はい いいえ
141人中、61人の方が「この口コミ&評価が参考になった」と投稿しています。



正直、否定的なレビューには否定的な私ですが、あまりの残念さに思わず否定的なレビューを書かせていただきます。

規制による緑の血。

これでもう何もかも台無しです。

ホラーゲームというのは、その世界の中で、ちょっとスリリングで、恐ろしい体験ができるのが魅力のはずです。
ゲームの雰囲気、と言うのが一番大切なものなんじゃないかな、と思います。
血、と言うのが、ホラーの全てだとはいいませんが、それが至る所にある以上、大切なエッセンスのはず。
でも、それが全て緑、というのは・・・それもゾンビだけでは無く、人間の血まで・・・もう、一番大切な雰囲気がぶちこわし、なのです・・・。
メーカー側は「ゲーム性に影響のある規制はない」と言う発表をしてるらしいですが、雰囲気、というのはこういうゲームでは一番大事な「ゲーム性」じゃないかな、と思うのです。

規制の内容を知らずに買っちゃった私も馬鹿ですが、これはもう、海外レビューで好評かを得た「ダイイングライト」と言うゲームとは別のものではないでしょうか。
だって、全然別の雰囲気のゲームですもの。

・・・・・うーん、凄く楽しみにしてたのになあ・・・・・・・・

パッチか何かで、対応してくれないかな・・・・・・
4/18追記
有用性のあるレビューにおいてもらってるようなので、ゲームについて責任がある人の目に触れる事を期待してちょっとだけ追記。
星一つのレビューが増えてますが、きっとみんなゲームの出来がわるくて怒ってるんじゃないと思います。
感情的なレビューも散見されますが、みんなそれだけ期待してたのだと思います。
ほんのちっちゃな事みたいですが雰囲気悪い、という失望感の影響は結構大きいと思うのです。
だって趣味ですもの。
好きでやってるゲームですから、できるだけ気持ち良く遊びたいですものね。

もし、責任がある人がこれを見たら、是非なんとか対処をしてください。

ほんとはみんな星4つ以上をつけたかったのだと思います。... 続きを読む
(三十郎 2015年04月17日) from Amazon Review

この口コミ&評価は参考になりましたか?はい いいえ
128人中、48人の方が「この口コミ&評価が参考になった」と投稿しています。