Amazon.co.jp商品紹介



あらすじ

綿津見村――山と海に囲まれた、ある小さな村。
そこには人の世に厄災を招くといわれる「龍神」を封じた「海神神社」があった。

「海神神社」の巫女候補として育てられてきた高千穂珠洲は、龍神の厄災を鎮める為に
母と姉弟子の八坂真緒を失ったことから「玉依姫」を継ぐ決意をする。

――しかし、2人の犠牲にも関わらず再び「龍神」の厄災が起こり始めた。
珠洲の前に「豊玉姫」と称する真緒が4人の妖人を従えて現れ、
龍神が封じられた神器「勾玉」を渡すようにと迫る。

それと前後して、珠洲の周囲に現れる謎の兄弟や国家機関「典薬寮」の派遣人。

珠洲の敵か味方かわからぬまま、玉依姫の「守護者」として選ばれていく少年たち。

もう一つの玉依姫の物語が、今始まる――。