発売前・批判レヴューは書くまいと思っていたのですが、緋色「愛蔵版」そして「真」翡翠ときては、もうあまりの事に大笑いしてしまったので、ちょっと吐き出しにきてしまいました。
DS・PSP版を見送った私としては観念して購入しますが、それは据え置き機が好き・自室に大画面TVを買う予定(エコポイント)だという理由からです。
私が言うまでも無く、まず間違いなく携帯機移植版が出るので、追加要素が気になる方、携帯機しかお持ちで無い方は冷静にスルーした方がいいのでは。
ソ○マップあたりでセール品になりそうな気もしますし(大幅な値崩れこそ無いが、買い控え多数という予想)

どんな人気作でも一般のゲームほど販売数が伸びないジャンルですから、開発費の為にはある程度仕方ないかな、昨今のハード多様化を考えれば移植もありだよね…など出来るだけ好意的に思おうとしてはきたんですが…さすがオトメイト、予想の上をきたな。という感じ。
もう一回ぐらいオチがあるんではないか?と実は疑っています。

ゲーム内容は緋色自体は無印時代からもの凄く好きなのと、翡翠は大きく失望した部分がどう変わっているかが楽しみです。
(rabbit212 2009年06月24日) from Amazon Review

この口コミ&評価は参考になりましたか?はい いいえ
205人中、102人の方が「この口コミ&評価が参考になった」と投稿しています。