豆の状態で保存ですから、挽いた状態より劣化が少なく、いつも同じような味わいです。

苦みは、ドリップする温度で調整できます。80度程度で落とせば苦みは少なくなります。沸騰したお湯ですと非常に苦い味になるので調整するとおもしろいです。
(ひまじん 2012年01月25日) from Amazon Review

この口コミ&評価は参考になりましたか?はい いいえ
204人中、91人の方が「この口コミ&評価が参考になった」と投稿しています。