本作を、「点」として評価した場合は、素晴らしい作品であることに間違いありません。
しかし、「線」として評価した場合は、疑問点が多いです。

本作は、ストリートファイター4(スト4)シリーズの最新作であり、
既に6年も現役で稼働し続け、世界中で最もプレイ人口の多い格闘ゲームです。
世界最大の格闘ゲームの大会エボリューションでは、今年も2000人近い参加者がありました。

本作を専門とするプロゲーマーも世界中で多く誕生し、
プロ同士の対戦動画は、各種の動画閲覧サイトで、高い再生回数を記録しています。
各種のゲームイベントでは、たいてい定員オーバー、立ち見客が出る、といった有り様です。

現在の格闘ゲーム市場をけん引する、最も発言力のあるゲームです。

その意味(「点」として評価した場合)では、素晴らしい作品です。

他方で、本作は、
1.スト4
2.スパ4(スーパースト4)
3.スパ4アーケード・エディション(AE)
4.スパ4AE2012年版
5.ウル4(本作)
と、大きく5度のマイナーチェンジを繰り返した5作目です。

前作から2年もかけて、マイナーチェンジされた内容は、
従前からのユーザーを満足させるには、遠い内容です。

・使えるかどうか疑わしい、レッドセービングとウルトラコンボダブル
・微妙な人選となった、新キャラクター
・取り立てて魅力的とも言えない、YOUTUBEアップデート機能
・誰の意見を取り入れているのか不明確な、キャラ間のバランス調整

また、発売当初の「初心者でもプレイ可能な格闘ゲームへの、原点回帰」といった理念は、
近年では、忘れられつつあります。

以上の意味(「線」として評価した場合)では、満足度は低いと思います。

カプコンは、カプコンファイティングジャムという(問題のある?)作品を最後に、... 続きを読む
(EM 2014年10月03日) from Amazon Review

この口コミ&評価は参考になりましたか?はい いいえ
193人中、92人の方が「この口コミ&評価が参考になった」と投稿しています。