兄が使うPC用にH61マザーボードとPentium G2030で自作しましたので、性能を参考にしていただければ幸いです。

・Pentium G2030(Ivy Bridge) Windows7 64bit エクスペリエンスインデックス

プロセッサ:6.9
メモリ(4GB):5.9
グラフィック:5.5
3Dビジネスおよびゲーム:6.2
プライマリーハードディスク(HDD):5.9

●Acer Aspire AXC600 AXC600-F24D

インテル H61チップセット搭載マザーボード(拡張スロットが2つのMicro-ATX規格)

ストレージ:SATA2  USB:2.0 x 8

メインメモリ:8GBまで増設可能 (4GB x 1 標準装備)

ビデオメモリ:BIOSで最大1696MBまで変更可能

拡張:PCI-Express 2.0 X16スロット、PCI-Express 2.0 X1スロット 共にロープロファイル用

映像出力:HDMIポート x 1、D-sub15ピン x 1

USBキーボード&USBマウス&スピーカー付属

電源は220Wなのでグラフィックボードを増設する場合は、省電力のローエンド品に限られてしまうと思います。リカバリーはHDD内部領域にあります。

この製品は、スリムPCの中ではコンパクトだと思います。ただ、☆4つの理由として Lenovo H530s Pentium G3220 3.0GHz(Haswell)搭載モデルの方が僅かに性能が高いからです。

また、Windows7 SP1のPCを購入後は、WindowsUpdateのセキュリティ更新プログラムのインストール数が多いです。セキュリティ更新プログラムを全て適用すると、回線速度にもよりますがHDDでは2時間ほどかかります。... 続きを読む
(桃三郎 2015年02月03日) from Amazon Review

この口コミ&評価は参考になりましたか?はい いいえ
111人中、46人の方が「この口コミ&評価が参考になった」と投稿しています。