一度に歩くメンバー四人で、戦闘中も含め十人のメンバーを入れ替えながら進めるRPG。HPがゼロになった仲間も、その戦闘が終わったあとはHP1で次の戦闘に参加できるやさしめの設計。町中やダンジョンのフィールドを戦闘中以外に探索し、NPC町の人に何度も話しかけられるあたり、ナンバリング作品と大きく異なる。
町の人と話せる分、「返事がない、既にこと切れている」死者がはっきりと分かる。序盤からそういうNPCが出てくる。主人公が十年以上過ごした都市がいきなり攻められ、要人が死んで逃げ延びるところから物語が拡がっていく。人類の敵対種が出てくる一方で、サモンナイトらしくそいつらにも闘う背景や理由が存在する。人類の苦しみが我等の喜びなのだ、というスタンダードな悪役に描かれない。RPGとしては、主人公逹の目線からは、幻想水滸伝のような事情だ。
サモンナイトのナンバリング作品で見ると、本作主人公はサモンナイト5の主人公逹に近いキャラクター性に見える。また、サモンナイト5に出てくるアベルトと龍姫に似たキャラクターも登場する。一方で、サモンナイト4の敵軍団それぞれに相似する背景設定も登場する。クラウレやグランバルドに似た敵ボスも登場している。
サモンナイトの召喚術システムと大きく異なるのは、
まず1パーティーに一種類の召喚獣の術装置は一つだけであること。同種類の召喚獣を複数個持つことができないため、使い手は慎重に選ぶ必要が出る。
次に、タレントという、戦闘時に選択して発動させるのとは異なる、恒常作用型の特性をもつ召喚獣が存在すること。その召喚獣を装備させたキャラの、パラメーターの攻撃力の数値が上がったり、HP、MP、戦闘後の獲得経験値や収入が%増しになったりする効果など。さらには、特定ステータス異常無効や特定属性ダメージのレジストや吸収によるHP回復効果への転換。追撃や反撃の可能性をもたらす効果である。サモンナイト4の姫の能力に近いか。
三つ目に、サモンナイトナンバリング作品のような召喚ランクがないこと。指定されたMPさえあれば誰が装備者でもその召喚術を発動できる。タレントは例外を除きMPを消費せず効果を得られる。... 続きを読む
(Amazon Customer 2016年05月19日) from Amazon Review

この口コミ&評価は参考になりましたか?はい いいえ
66人中、43人の方が「この口コミ&評価が参考になった」と投稿しています。




【良い点】
・フルボイス声優豪華
・最大10人戦闘中でも入れ替え可
・マップ、召喚獣が綺麗
・上画面の地図
・親密度がコンボ技に影響、攻略楽しめる
・釣り場多
・皆武器が違う
・セーブ場所3つ
・夜会話多


【悪い点】
・会議(ボイス無し、やってもあまり....)
・メンバーにしても良かったような人が沢山
・MP回復薬が買えない(交換等で可)
・男と女の主人公の設定に差あり
・ギミックが邪魔



舞台一新とは言えサモンナイト特有の戦闘、設定等は相変わらず
悪くは無いし、むしろかなりの良作と思いました
2周目はもう片方の主人公をお薦め。


ただ、ある方々はどうしても、理由有りでも納得出来なかったです。
過去作品と比べてしまいました。

『違和感』とだけ書いておきます。


でも最後は達成感出てシナリオに満足したので★4
(ルマニア ニア 2010年12月15日) from Amazon Review

この口コミ&評価は参考になりましたか?はい いいえ
121人中、80人の方が「この口コミ&評価が参考になった」と投稿しています。



サモンナイトシリーズをプレイしていたので買った作品でした。
シリーズ新たなる開拓という意味では、手探りながらも良く仕上がっていると思います。
ただ数点、個人的にあまりよろしくないと思える部分が・・・
一に、メインシナリオフルボイスである必要があったのか。
携帯ゲーム機で要領が限られている中、これはそんなに重要だったのでしょうか。
人物の感情が伝わりやすいのですが、後半での主人公たちの切り替えの早さに愕然としてしまいます。
二に、ミニゲーム的要素が単純すぎる。
サモンナイトだから、という枠に収めるつもりはありませんが、これは息抜きにもなりません。
釣りは、最初は面白くも感じられるのですが、単調作業の繰り返しですぐに飽きてしまいます。
議会は、仲間の賛成を得られないと廃案にされてしまうため、何度リセットした事か・・・
あと議題の質問を主人公にするのに納得がいきません、普通は提案者に尋ねるものではないのですか。
三に、シナリオ上での仲間の参入の仕方。
最初のメンバー(ディラン、ファラ、ムームー、ガーリット)は、シナリオ上当然のなりゆきで、
あくり〜ん、エルナディータあたりもわかりますが、他の仲間は、何で参戦したのかいまいちわかりかねます。
ソティナさんは神殿に帰ってもよかったのでは?
ファングは気に入ったからと云うだけで、親しい仲間たちと別れてまで行動する意味は?
ルーガはリーダーであるはずの団体を抜けてきて本当によかったのか?
しかも、仲間になってからはほぼ抜けないので使いやすいメンバーを決めると固定で戦闘になりやすいです。

一周しかしていないので、二週目はわかりませんが、シナリオは全体的によかったのではないでしょうか。
出だしの凄惨さや辛辣さは、プレイヤーも心苦しくなるもので、引き込まれます。
ただ、後半で重要人物(?)が死にすぎなのではないでしょうか。
死すれば悲しいですが、それを演出の一環にしているようではキャラクターがあんまりだと思います。
しかも、この後のキャラクターの切り替えの早さにはツッコまざるを得ません。... 続きを読む
(さくらとねこ 2009年12月30日) from Amazon Review

この口コミ&評価は参考になりましたか?はい いいえ
68人中、48人の方が「この口コミ&評価が参考になった」と投稿しています。



祖父の時代、ルーンハイムの人々は異種族への対応で対立し、受容派の王国と拒絶派の帝国に分かれて全面戦争に至った。休戦から10年、帝国の侵略により王国は危機に瀕する。人質交換により王国で育った帝国の皇子、または王国の王女のいずれかを主人公とし、王国の再興と悪の撃滅を目指します。

サモンナイトシリーズ10周年作品ながら、ジャンルをシミュレーションRPGからオーソドックスRPGへ変更。物語の舞台も一新されました。キャラ重視、巻き込み型の展開の典型的なJRPGで、DSながらフルボイス、ムービーは少々。ボイスオフ、メッセージ速度変更、R+Aでスキップ可能、既読チェックなし。下画面メイン、上画面マップ。キャラ2D、マップ3D。基本は歩き、Bで駆け足。マップの絵は素朴で、扉の開閉なし。イベントでは2Dの大きなキャラ絵が前面に重なり、表情をよく伝えます。

戦闘は行動順が回ったキャラ毎にコマンド入力する方式。パーティー10人から4人を選ぶ。戦闘中の入替が可能。戦闘中の4人が戦闘不能=ゲームオーバー。エンカウント率は高い。装備品は現地調達可能で買物は回復アイテムが重要。ボス戦は長引きがちなので、攻略法の発見が大切。魔法は、宝箱から入手する召喚プレートを成長させ装備すれば誰でも使用可。ただし魔力依存なので注意。補助魔法とスキルアップ効果はとても有用。夜の会話などで仲間の絆を深めておくと、主人公はゲージ蓄積時に高威力の協力技を使えます。

セーブは3つ(+中断セーブ)。各地の竜のうろこでセーブ可能。赤いうろこの既訪問地への移動機能、ボス前に多い青いうろこの回復機能は便利。2周目引継ぎ項目は、お金、消費アイテム、召喚プレート、議会(本作独特のクエスト進行システム)の進行状況など。クリア時間の目安は、ボイスのON/OFFなどにもより20〜40時間。サモンナイトシリーズは初めてでしたが、楽しめました。
(徳保隆夫 2009年11月12日) from Amazon Review

この口コミ&評価は参考になりましたか?はい いいえ
103人中、66人の方が「この口コミ&評価が参考になった」と投稿しています。



プレイすること20時間。とにかく気になったのはエンカウント率が高いこと。おかげでお金に事欠くことなく進められます(逃走せずきちんと倒していれば)

ストーリーは一昔前のRPGによくあるシナリオです。2つの国家が対立していて、一方は平和を目指すが一方は利己の追求を行く…みたいな。当然後者を止めるべく主人公たちが立ち上がるわけですが。
ストーリーは一本道で中盤あたりからクエスト的なものもありますが、似たり寄ったりなので飽きがくるかもです。ストーリーも王道なので…ストーリー重視の方はつまらないかと。

戦闘はコマンド選択式で、まさしく一昔前のRPGを模した感じですね。ドラクエや昔のFFのような戦闘が好きなら問題ないかと。つまり戦闘も良くも悪くも王道なので、意見の分かれそうな所です。
召喚獣を育ててスキルを覚えさせるのは楽しいです。FF9みたいな感じで(こちらはプレート)、召喚獣をキャラにセットするとその召喚獣の覚えているスキルを使用できるという仕組みです。

キャラクターはみんな可愛いです。イラストもサモンナイト好きな方には違和感ないかと。細かな人物(宿屋や武器屋など)にまできちんとイラストがあり、そちらも良くできていたので良かったです。
あと主人公が選べ、仲間との親睦を夜会話で深めることが出来ますが、個人的にはそれ以外でも深めたりできたらなーと思いました。今のところ通常動作が、仲間への好感には影響していないようなので。

BGMはな〜んか聞いたことあるような…?と思ったら、SO2と結構近い感じでした…。

全体的には平凡な王道RPGではないかと。
ストーリーがありきたりなので、早く先に進めたい!という気持ちが湧かないです。
私はキャラが好きなので、なんとかEDをと思って進めてますが、キャラクターに魅力を感じない方や戦闘、ストーリー重視の方にはやはりつまらないかと。
(にゃんころ 2009年11月08日) from Amazon Review

この口コミ&評価は参考になりましたか?はい いいえ
108人中、66人の方が「この口コミ&評価が参考になった」と投稿しています。



今後、限定品市場、中古市場等で特典つきの商品を購入されることを検討中の方のために、予約特典「公式設定資料集」についてご紹介します。

A5版、フルカラー、33頁、中綴じ。主な内容は以下の通り。

1.世界観設定(1P)
2.ルーンハイムの歴史(4P)
3.ルーンハイムの地理(6P)
4.人物紹介(11P、23人)
5.召喚獣紹介(8P、40体)
6.スタッフコメント(2P、8人)

無限に広がるエーテルの海を漂う無数の大気球。大気球は下半球が岩石と土で埋まり、上半球は大気という、透明な球形の境界に包まれた平面世界です。本作は大気球のひとつ、ルーンハイムを舞台としています(過去のシリーズ作品の舞台だったリィンバウムとは隔絶されており、実質的に、舞台設定はリセットされました)。

ルーンハイムは平面なので、地平線はほぼ水平。一方向へずっと進めば、天球と大地が接する世界の果てに到達します。またルーンハイムに小世界を築いた神々の存在は、現在も人々に重大な影響を与え続けています。

外伝、リメイクを含めると12作目となるサモンナイトシリーズですが、私は本作が初プレイです。本作の舞台設定は特殊なので、この資料集はゲームを楽しむのに大いに役立っています。ただし、ガイドブックなどを購入されるなら、この特典は内容の多くが重複することに注意してください。

星は特典の満足度です。ゲーム自体のレビューは特典なし版の方に書きました。
(徳保隆夫 2009年11月07日) from Amazon Review

この口コミ&評価は参考になりましたか?はい いいえ
51人中、29人の方が「この口コミ&評価が参考になった」と投稿しています。