河原の文学少女は黒髪の美少女。クラスメイトからはやっさんと呼ばれている。
文学好きなわりに、照れ屋なのかボキャブラリーが貧困な文学少女。セリフは主に叫び声のみ。
全巻を通して彼女とヒデノリの交流(?)に焦点を絞った作品紹介をしてみます。

1巻のヒデノリと初遭遇の時は冷静にセリフを言ったりもしてたが、最後は無言でタダクニを殴る。
1巻の登場2回目の相手はモトハル。タイプじゃなかったのか怪訝そうな顔つきで無言でスルー。
1巻はカバーにも登場、でも小さめ。
2巻はあまり活躍しないものの表紙(カバーを外すと見える部分)に満面の笑顔で登場
2巻でヒデノリと再会したときはヒデノリが勝手にすべって吹き出すのみ。
3巻のときはまたヒデノリ。ひたすらコントのような失敗を繰り返し号泣、そして気絶。これ面白い。
4巻ヒデノリは田舎で文学少女似の絵美と交流。新展開かと思いきやボーイ・ミーツ・ボーイ?
4巻火急のヒデノリ公衆便所を目前にするもベンチに文学少女発見し使用を断念。男子の乙女心?
4巻ヒデノリの方から出向くも会うことはせず手紙を置いてきただけ、彼女は終始無言。
4巻屈指の名場面。ヒデノリを隣の市まで執拗に追いかけていった。走りまくる青春、乙女心が炸裂。
5巻自意識過剰少女vs文学少女。次回扉絵で追跡中にドジっ娘ぶりを発揮。
5巻から6巻にかけては自意識過剰少女大活躍。ヒロイン(?)交代か?
6巻エレベーターという密室で遭遇。何もされずにスルーし、ヒデノリちょっとがっかり。
6巻お節介女子に苦言を呈するも自爆。クラスメイトの前だと普通にしゃべれる。
7巻映画館で遭遇ヒデノリを見つけるとテンションがあがって追いかけていった。やっぱり叫び声のみ。
7巻タカヒロの相棒坊主頭河原に登場。ヒデノリと1巻のネタのパロディで爆笑。やっさんショック。
7巻ヤナギン河原に登場。ヒデノリはことごとくすべって落胆。文学少女に親しみを覚えたのか笑顔。
7巻文化祭、オバケの着ぐるみのヒデノリを、野生のカンのようなもので察知し執着するが、... 続きを読む
(J. Citron 2013年08月19日) from Amazon Review

この口コミ&評価は参考になりましたか?はい いいえ
158人中、84人の方が「この口コミ&評価が参考になった」と投稿しています。



河原の文学少女は黒髪の美少女。クラスメイトからはやっさんと呼ばれている。
文学好きなわりに、照れ屋なのかボキャブラリーが貧困な文学少女。セリフは主に叫び声のみ。
全巻を通して彼女とヒデノリの交流(?)に焦点を絞った作品紹介をしてみます。

1巻のヒデノリと初遭遇の時は冷静にセリフを言ったりもしてたが、最後は無言でタダクニを殴る。
1巻の登場2回目の相手はモトハル。タイプじゃなかったのか怪訝そうな顔つきで無言でスルー。
1巻はカバーにも登場、でも小さめ。
2巻はあまり活躍しないものの表紙(カバーを外すと見える部分)に満面の笑顔で登場
2巻でヒデノリと再会したときはヒデノリが勝手にすべって吹き出すのみ。
3巻のときはまたヒデノリ。ひたすらコントのような失敗を繰り返し号泣、そして気絶。これ面白い。
4巻ヒデノリは田舎で文学少女似の絵美と交流。新展開かと思いきやボーイ・ミーツ・ボーイ?
4巻火急のヒデノリ公衆便所を目前にするもベンチに文学少女発見し使用を断念。男子の乙女心?
4巻ヒデノリの方から出向くも会うことはせず手紙を置いてきただけ、彼女は終始無言。
4巻屈指の名場面。ヒデノリを隣の市まで執拗に追いかけていった。走りまくる青春、乙女心が炸裂。
5巻自意識過剰少女vs文学少女。次回扉絵で追跡中にドジっ娘ぶりを発揮。
5巻から6巻にかけては自意識過剰少女大活躍。ヒロイン(?)交代か?
6巻エレベーターという密室で遭遇。何もされずにスルーし、ヒデノリちょっとがっかり。
6巻お節介女子に苦言を呈するも自爆。クラスメイトの前だと普通にしゃべれる。
7巻映画館で遭遇ヒデノリを見つけるとテンションがあがって追いかけていった。やっぱり叫び声のみ。
7巻タカヒロの相棒坊主頭河原に登場。ヒデノリと1巻のネタのパロディで爆笑。やっさんショック。
7巻ヤナギン河原に登場。ヒデノリはことごとくすべって落胆。文学少女に親しみを覚えたのか笑顔。
7巻文化祭、オバケの着ぐるみのヒデノリを、野生のカンのようなもので察知し執着するが、... 続きを読む
(J. C. tron 2013年08月19日) from Amazon Review

この口コミ&評価は参考になりましたか?はい いいえ
70人中、41人の方が「この口コミ&評価が参考になった」と投稿しています。



河原の文学少女は姫カットの黒髪美少女。クラスメイトからはやっさんと呼ばれている。
文学好きなわりに、照れ屋なのかボキャブラリーが貧困な文学少女。セリフは主に叫び声のみ。
全巻を通して彼女とヒデノリの交流(?)に焦点を絞った作品紹介をしてみます。

1巻のヒデノリと初遭遇の時は冷静にセリフを言ったりもしてたが、最後は無言でタダクニを殴る。
1巻の登場2回目の相手はモトハル。タイプじゃなかったのか怪訝そうな顔つきで無言でスルー。
1巻はカバーにも登場、でも小さめ。
2巻はあまり活躍しないものの表紙(カバーを外すと見える部分)に満面の笑顔で登場
2巻でヒデノリと再会したときはヒデノリが勝手にすべって吹き出すのみ。
3巻のときはまたヒデノリ。ひたすらコントのような失敗を繰り返し号泣、そして気絶。これ面白い。
4巻ヒデノリは田舎で文学少女似の絵美と交流。新展開かと思いきやボーイ・ミーツ・ボーイ?
4巻火急のヒデノリ公衆便所を目前にするもベンチに文学少女発見し使用を断念。男子の乙女心?
4巻ヒデノリの方から出向くも会うことはせず手紙を置いてきただけ、彼女は終始無言。
4巻屈指の名場面。ヒデノリを隣の市まで執拗に追いかけていった。走りまくる青春、乙女心が炸裂。
5巻自意識過剰少女vs文学少女。次回扉絵で追跡中にドジっ娘ぶりを発揮。
5巻から6巻にかけては自意識過剰少女大活躍。ヒロイン(?)交代か?
6巻エレベーターという密室で遭遇。何もされずにスルーし、ヒデノリちょっとがっかり。
6巻お節介女子に苦言を呈するも自爆。クラスメイトの前だと普通にしゃべれる。
7巻映画館で遭遇ヒデノリを見つけるとテンションがあがって追いかけていった。やっぱり叫び声のみ。
7巻タカヒロの相棒坊主頭河原に登場。ヒデノリと1巻のネタのパロディで爆笑。やっさんショック。
7巻ヤナギン河原に登場。ヒデノリはことごとくすべって落胆。文学少女に親しみを覚えたのか笑顔。
7巻文化祭、オバケの着ぐるみのヒデノリを、野生のカンのようなもので察知し執着するが、... 続きを読む
(Citrus 2013年08月19日) from Amazon Review

この口コミ&評価は参考になりましたか?はい いいえ
185人中、88人の方が「この口コミ&評価が参考になった」と投稿しています。



絵もきれいだし、ストレスなく見れるのでとてもよい暇つぶしになります。
また、連続性もないため(キャラは多数でてきますが)どこから見始めても
なんとなく内容がわかるのもよいですね。
(らららじお 2013年05月10日) 

この口コミ&評価は参考になりましたか?はい いいえ
79人中、33人の方が「この口コミ&評価が参考になった」と投稿しています。



とても面白く、子供が友達にも読ませて、大好評でした。
みんなげらげら笑っていたので、とてもよかったです。
(大塚奈保 2013年05月01日) from Amazon Review

この口コミ&評価は参考になりましたか?はい いいえ
29人中、10人の方が「この口コミ&評価が参考になった」と投稿しています。



男子高に通う高校生の話です。話は面白いです。バカな人だけど、頑張って高校生活を送っているのがいいです。マンガにもなっています。マンガも面白いです。
(友ちゃん 2012年09月23日) 

この口コミ&評価は参考になりましたか?はい いいえ
252人中、108人の方が「この口コミ&評価が参考になった」と投稿しています。



<内容概略>…全80P
 ・1限時目「男子高校生の日常」の世界
    登場人物紹介…カラー7P
    各話紹介…カラー12P、各話1Pずつハイライトを交え紹介
 ・2時限目「男子高校生の日常」の中の人たち
    声優インタビュー…カラー9P。タダクニ役入野自由・ヒデノリ役杉田智和・ヨシタケ役鈴村健一各3P
    出演声優共通感想試験…一色刷3P、9名の声優が5つの質問につき自筆にて回答
    インタビュー…一色刷。原作:山内泰延(2P)、キャラクターデザイン・創作画監督:湯本佳典(2P)、美術監督:田尻健一(2P)、音楽:Audio
              Highs(2P)、エグゼクティブプロデューサー:松井智×プロデューサー田中翔(2P)、監督:高松信司×副監督:吉村愛(5P)
 ・3時限目「男子高校生の日常」周りにあるものたち
   アイテム紹介(男子高校生アイテムの基礎知識)…一色刷3P、アニメ中に登場した食べ物、おもちゃ、生き物等を紹介
   インターミッションセレクト1・2…一色刷各1P、各エピソード終了直後に表示されるイラストを紹介
   「男子高校生の日常」検定2012…一色刷4P、初級・中級・上級各15問ずつアニメに関するクイズを掲載
   テロップ・提供読み大全…一色刷2P、全12回分のテロップ・提供読みセリフをOP・ED共に全掲載
   アニメオリジナルエピソードシナリオ…一色刷2P、全12回分のアバン、ラストに挟まれるオリジナルシナリオを全掲載
   背景美術紹介…カラー6P、真田北高校、タダクニの家等全15スポットの設定資料を掲載
 ・特別付録「女子高生は異常」ファンブック(各記事の詳細は本篇部分と同一)
   登場人物紹介(カラー2P)、各話紹介(カラー4P)、出演声優共通感想試験(一色刷1P)、インターミッションセレクト3(カラー1P)

最近目立つ日常系アニメ、その殆どは女性キャラを中心としたものでしたが、その流れに新たな旋風を巻き起こしたのがガンガン・オンライン連載... 続きを読む
(cure 2012年04月29日) from Amazon Review

この口コミ&評価は参考になりましたか?はい いいえ
72人中、30人の方が「この口コミ&評価が参考になった」と投稿しています。



アニメは見れない地域だったので発売を待ち望んでいました
まず本編の馬鹿さ加減に反する爽やかで格好いいOP、このギャップが笑いを誘います
原作の短編をテンポよく繋げていくので1話にぎっしり凝縮されていて見ていて飽きません
特に1話を文学少女で締める構成が上手いです
EDには思わず吹き出しました
個人的に2話の最後にお嬢様と執事のアニメが収録されているのが嬉しかったです
差し歯ネタはアニメで見るとより笑えました
スペシャルCDの男子高校生の見せられない日常も本編に負けず劣らず馬鹿らしいです
こちらはアニメオリジナルの本編裏話と言う感じでOP談義、文学少女の再来、男子高校生とスカート外伝など本編視聴後に見ることを強くオススメします。
文字通り見せられないのが本当に残念でなりません!
内容、特典ともに、ファンとして大変満足いく作品でした
(七夕 2012年04月04日) from Amazon Review

この口コミ&評価は参考になりましたか?はい いいえ
79人中、36人の方が「この口コミ&評価が参考になった」と投稿しています。



なんという脱力感。
スピーディーな展開で次々と奇妙な日常が流れていく。

爆笑はしないが、思わずほくそ笑んでしまう。

とにかく「加減」というものを、良く心得て作られている。
(つるじろー 2012年03月13日) from Amazon Review

この口コミ&評価は参考になりましたか?はい いいえ
45人中、19人の方が「この口コミ&評価が参考になった」と投稿しています。



タイトルから察するに、この作品の主役はしょーもないごく普通の馬鹿ばっかやってる男子高校生たちです。
その男子高校生でまさかの日常物です。

日常物と言ったら、今のアニメ界では女の子が基本となった世界、男だってやれば女の子ばっかのなんかに負けないくらいの出来はできるんだ!みたいな感じのアニメです。

女の子も出てきますが、他の日常物の女の子と比べると酷く性格が歪んでいる人が多いです(笑)
まぁ、あくまで主役は男子高校生ですからね。

「男子高校生の日常」なので、かつて男子高校生だった人はあるあるネタやキツめのネタまであるので青春のバイブルみたいな感じで視聴してみるのもまた一つの楽しみ方じゃないでしょうか。

今現代の萌えばっかなアニメ界、こんな感じの元々あるべき形のアニメはもっと増えて欲しいものです。
(デン 2012年02月02日) from Amazon Review

この口コミ&評価は参考になりましたか?はい いいえ
45人中、14人の方が「この口コミ&評価が参考になった」と投稿しています。